第104回 石崎電機製作所「モテナシベーカー」

第104回 石崎電機製作所「モテナシベーカー」
今月のチャレンジャー
ヒヨコ

もう3月ですが、正月に実家から送られてきた丸餅が大量に冷凍庫で眠っております。
自家製の餅は美味しいのですが、すぐにカビが発生するので毎年すぐに冷凍庫へ。
しかし、冷凍した自家製餅はヒビ割れし、かなり不味くなるんですよね。
はあ、今年もどうやって消費しようかな。。。

モテナシベーカー」は、『不器用な男子でもラクラク使える』をコンセプトに開発されたマルチサンドベーカー。
創業八十余年の業務用電熱メーカーならではの視点で「簡単に・安全に・キレイに」ホットサンドや大判焼などを焼ける調理器具です。

第104回 石崎電機製作所「モテナシベーカー」

「モッフル」。随分前に流行りましたね。
大量の冷凍餅を消費するため、今更だけど手を出してみようか?
そう考えAmazonを検索すると『不器用男子が女性をおもてなしする』というコンセプトの「モテナシベーカー」を発見しました。
なんと、こちらの商品丸形プレートが付いております。これは『丸餅を焼くには最適そう!!』ということで早速購入。
プレートは丸形の他に写真の「ホットサンドプレート」も付いております。

第104回 石崎電機製作所「モテナシベーカー」

では、前日に冷蔵庫で解凍したお餅を焼いてみます。
スイッチを入れると緑とオレンジのランプが点灯し、5分経過したら予熱終了の緑ランプが消えます。そうしたら焼き始めましょう。
お餅をプレートにのせ蓋をしめたらストッパーのロックをかけ、10分ほどしたら右ような状態に。
左は2分経過のお餅です。

オーブンやトースターで焼いた時のような香ばしさはないですが、非常に美味しいです。
水で濡らして焼くと蒸し焼きのようになり、ひび割れ部分も柔らかくなり満足。
今まで頑張って消費していた餅がいくらでも食べられそう。買って良かった~!!

第104回 石崎電機製作所「モテナシベーカー」

続いて説明書に載っていた「大判焼」と「パンケーキ」を作ってみることに。
生地はともに薄力粉200g、砂糖少々、卵1個、ベーキングパウダー少々、牛乳150cc。レシピとしては、あまり親切な書き方ではありません。
しかし、適当に作ってもそれなりに美味しく完成し、焼きたての「大判焼」は家族にも好評でした。

その後、付属されていたカラーの「オリジナルレシピ集」に目をやると、こちらにはちゃんと砂糖やBPの分量も書かれ、細かく説明文も載っていました。次回はこちらを参考にします。

第104回 石崎電機製作所「モテナシベーカー」

「ホットサンドプレート」に付け替えてみます。上下に写真のようなボタンがあり、取り外しは簡単です。
プレートの端は熱くならないので作業は熱くてもできますが、安全のために冷めてから付け替えましょう。

ちなみに、一定温度に達すると自動的に加熱をストップする機能があるので、タイマーはありませんが焼きすぎは防止できるよう。
しかし、個人的にはTESCOM社製のようにタイマーがあれば良かったなあ。

第104回 石崎電機製作所「モテナシベーカー」

ホットサンドも焼いてみました。市販のパンならば8枚切りを使用するようですが、我が家はホームベーカリーのパンなので、1cm位の厚さに切ったパンを使用しました。
出来上がりは焼き目もつき美味。
他メーカーのホットサンドは、三角プレートが多いですが、こちらは四角プレートなので三角よりも具沢山にでき、作業も楽だと思います。ちなみに市販の四角いお餅は、こちらのプレートで焼けると説明書に書いてありました。

 

最後に不満点。
こちらの商品、サイズが幅265×奥行287×高さ118mmとなかなか大きいです。できれば立てて収納できるようにして欲しかった。立たないことはないのですが、立てると不安定です。最近発売された同メーカーの「SHM-750」は立つようなので、こちらも後継機が発売されたら縦置き収納ができると良いですね。

もう1つ不満点は、コードの収納。「ビタントニオ」や「TESCOM」の商品は、コードを底部分にクルクルとかけられるので邪魔にならなさそう。こちらもそうなれば良いですね。

■第104回 石崎電機製作所「モテナシベーカー」
今回の評価は…80
■結果

・丸形プレートは他社製にはなく、使い勝手が良い
・丸餅を焼くには最適
・自家製パンの場合、ホットサンド作りはやや面倒
・本体が想像よりも大きかったので、縦置き収納できれば良かった
・コードを背面収納できるようにして欲しかった

■総評

石崎電機製作所のHPを見て『どんな素敵な物が届くのだろう!!』とわくわくしていたので、開封時は、若干安っぽく正直がっかりしました(HPがカッコいいので)。
しかし、女性向けの可愛い商品が多いなか、シンプルな男性っぽいデザインで形自体は気に入りました。

丸餅を焼くには最適です。そのまま塊を置けば良いので楽チン。ひび割れも水で濡らしてから焼けば、蒸らされて柔らかく美味しくなりました。ただ、焼くのに10分ほどかかります。数名で食べる場合は焼き上がりがかなり待ち遠しいような。焼きたてを次々と食べたい場合は、1、2名用だと思います。

大判焼きやホットケーキはフライパンで焼くよりもとても楽。
サーモスタット機能が焦げ付きを防止するので、放置していても黒こげになることはなく、うっかりがなくて良いと思いました。
家族にも好評だったので、今後、ホットケーキと大判焼は頻繁に作りそうです。

ホットサンドは、パンの耳が大量に残ります。
我が家は、以前紹介したiwataniのミルサーでパン粉にしてしまうから問題ないですが、皆さんにはサンドイッチ用のパン購入をおすすめします。
家族は、ご満悦でホットサンドを食べていましたが、私的には、自家製パンを薄くスライスし、鉄板の四角の大きさに合わせて切るのが面倒なので、あまり作らない気がします。

プレートは別売りで他にも「ワッフル」、「焼きおにぎり」、「たい焼き」、「ドーナツ」があり、それぞれ1500円(税抜き)で購入できます。
ビタントニオほど種類はありませんが、プレート自体の価格が安いので、気軽に色々試すことができるのは魅力ですね。
ただし、ヒヨコはこの付属プレートで満足しているので、「丸形」のフッ素コーティングが駄目になった時に、また「丸形」を買い足すだけだろうなと思いました。

 

丸餅を焼かないならば、個人的にはTESCOMの「マルチホットサンドメーカー」も良いと思います。
価格も同じ位でタイマーがあり、コードを巻き取る部分もあり、立てて収納ができ、しかもプレート3種付き。ボディもホームセンターでみましたが、「モテナシベーカー」よりもしっかりしていたような。
「ビタントニオ」が欲しいが飽きるかもしれないという方は、比較的安いこの2種を候補に入れても良いかもしれませんね。

私も買いたい!!と思った方、こちらで購入できます。ただし、Amazonの商品名が「モテナシベーカー」なのに「モテナシメーカー」になっています。。。

Backnumber