第92回 緊急ホイッスル&アルミブランケット&ワンタッチ携帯トイレ

第92回 緊急ホイッスル&アルミブランケット&ワンタッチ携帯トイレ
今月のチャレンジャー
ヒヨコ

久しぶりに我が家の「防災セット」を開封してみて驚愕。アルファ米など食料類の賞味期限がほぼ過ぎておりました。
しかも、救急セットの絆創膏もなんかベタベタしてる。これを機会に我が家の「防災セット」を見直しまっす。

自分の存在を周囲に知らせる「緊急ホイッスル」。
雨風や直射日光を防ぐことができ、毛布の代用として体を保温できる「アルミブランケット」。
非常時に便利な「携帯トイレ」。いざというの時のために用意しておきたい防災グッズをご紹介します。

第92回 緊急ホイッスル&アルミブランケット&ワンタッチ携帯トイレ

食料類は、防災用を購入すると確実に使わないということがわかったので、缶詰や飴、カロリーメイトなど普段食べている物を非常食として利用することに。
新しく購入したらとりあえず、防災袋に入れ、古いものから食べるよう習慣づけてみました。
もちろん、救急セットも電池も同じように防災袋から使用します。

『その他何が必要だろう?』と消防庁の防災マニュアル(http://www.fdma.go.jp/bousai_manual/too/tool.html)を見ると「常時携行品」の中に「笛」とありました。
ということで、すぐに「緊急ホイッスル2色組(618円)」を購入。アルミ製で4g。軽くてキーケースにつけても邪魔にならないサイズです。音は力強く吹いても小さめ。
『失敗したかも』とおもいましたが、弱めの虫の息で吹いても音は出ていたので、弱った身で長時間助けを求めるならこれでも大丈夫かと思います。

第92回 緊急ホイッスル&アルミブランケット&ワンタッチ携帯トイレ

もう春とはいえまだ夜は冷えます。寒さ対策も重要だと思い「アルミブランケット」を購入。
ポケットティッシュサイズの防寒サバイバルシートです。AmazonのHPには、色々なメーカーの物がのっていましたが、防災袋用、車に常備用、持ち歩き用に何枚か欲しかったので、5枚セットで1470円の商品を選びました。
重さは1つ50g。材質は光や熱を反射するアルミ蒸着ポリエステル。個包装になっています。

第92回 緊急ホイッスル&アルミブランケット&ワンタッチ携帯トイレ

畳んだ状態は、ポケットティッシュサイズですが、広げるとシングルサイズの布団ほどの大きさ(213cm×132cm)に。175cm小太り男性が座った状態でかぶっても充分覆えるサイズでした。肝心の保温性はビニール袋をかぶったような温かさ。
ジワジワと自分の体温で内側が温まります。ないよりは、ある方が良いと思います。

ちなみに、ものすごく寒かったある夜、布団の上にこれをかけて眠りました。。。
が、温かい寒いの温度うんぬんよりも、寝返りを打つだびに『シャカシャカ』とうるさく眠れませんでした。
デリケートな人はポリ袋を重ねた方が静かで良いかもしれません。まあ、災害時にうるさいなどと言ってはいられませんが。。。

第92回 緊急ホイッスル&アルミブランケット&ワンタッチ携帯トイレ

災害時、女性は生理用品は必需品だと思うので必ず用意した方が良いでしょう。そして、できれば簡易トイレも。
「ビッグウイング ワンタッチ携帯トイレ女性用」は、持ち帰り用のナイロン袋が付いて3個セットで410円。ポケットティッシュサイズで重さは1つ17g。個包装になっています。

焼却時に有害ガスを発生する素材を使ってないので、使用後は、燃えるゴミとして処分できます。

第92回 緊急ホイッスル&アルミブランケット&ワンタッチ携帯トイレ

白い部分に検尿の時のように用を足すと、黒い袋の中の給水ポリマーが尿を30秒でゼリー状に固めるそうです。しかも、500ccペットボトル1本分の量がOKで、逆止弁構造だから匂いと尿の逆流もしないよう。
災害時もですが、渋滞の高速道路や停電でトイレの水が流せない時なども助かりそうですね。
紹介したのは、女性用ですが、もちろん男性用(http://astore.amazon.co.jp/quunnet-22/detail/B0027FF28G)もあります。

■第92回 緊急ホイッスル&アルミブランケット&ワンタッチ携帯トイレ
今回の評価は…60
■結果

・「緊急ホイッスル」の音は小さい
・枕元用にはもう少し丈夫で大音量の笛が欲しい
・「アルミブランケット」と「携帯トイレ」は車に常備しておきたい
・防災グッズは軽くて小さいに限る
・アルミブランケットは、ポリ袋でも代用できる気がする

■総評

皆さん、「防災グッズ」たまにチェックしていますか?
ヒヨコは昔セットで購入したきり放置していたので、中身がえらいことになっていました。
アルファ米なんて半永久的に食べられると思っていたら、賞味期限は5年くらいなんですね。1年過ぎていたので、しょうがなく捨てました。
これからは、捨てることのないように、普段食べている缶詰やお菓子を使いながらローテーションで買い足そうと思います。

消防庁の防災マニュアル(http://www.fdma.go.jp/bousai_manual/too/tool.html)には、「備蓄品」や「非常時持ち出し品」、「常時携行品」のチェックシートがそれぞれあります。なかなか参考になったので、気になった方は見て下さいね。ただ、これを全て用意するとものすごい大荷物になりそう。皆さん自己判断で用意しましょう。

今回購入した笛は、やや力強さに欠けますが、弱っている体で吹き続けるならこれでも大丈夫かと思います。
口に加えて呼吸をすると『ピーピー』音が聞こえます。災害時に近場で探してくれるレスキューの方には多分聞こえるレベルでしょう。ただ、遠くの人を呼ぶのは頼りない。力を込めて吹いても音は小さいです。持ち歩き用としては良いのですが、枕元用には、もう少し力強い大音量ホイッスルを探そうと思います。

紹介したアルミブランケットは、『Amazonの購入者のレビュー』を見るとどうやら厚さが薄めのよう。
ヒヨコはこれでも充分温かさは感じましたが、より一層温かさが欲しい方は別の商品を選択されてもいいかもしれません。
しかし、アルミブランケットは音がうるさいので、そこが気になる方は大きなビニール袋を何枚か重ねても代用できるような気がします。

携帯用トイレは、値段が安く、小さく軽い物なので、もしもの時のために一応用意しておくと安心だと思います。
3つの商品の総評は、『可もなく不可もなく』の平均という意味で60点です。実際に緊急時に使わないとその真価わかりませんから。しかし、今後購入したグッズに助けられるような日が来ないことを切に願います。

 

私も買いたい!!と思った方、こちらで購入できます。

緊急ホイッスル http://astore.amazon.co.jp/quunnet-22/detail/B005J95ZBQ

アルミブランケット http://astore.amazon.co.jp/quunnet-22/detail/B007A6GQEQ

ワンタッチ携帯トイレ 女性用 http://astore.amazon.co.jp/quunnet-22/detail/B0027FF286

男性用携帯トイレもあるよ http://astore.amazon.co.jp/quunnet-22/detail/B0027FF28G

Backnumber