第72回 東芝「SIENT F-DLN100」

第72回  東芝「SIENT F-DLN100」
今月のチャレンジャー
ヒヨコ

昨年10月、20年近く愛用したナショナルの扇風機がついに壊れました。高機能で頑丈でおしゃれなデザイン。かなりのお気に入りでしたが、残念です。それから扇風機を探しまくりましたが、季節は秋。素敵な扇風機はやはり完売でした。時が経つこと半年。春から扇風機を探し続けております。ナショナル君を超える扇風機、この夏どうか出会えますように。

シンプルな操作性で洗練されたデザインの東芝「SIENT F-DLN100」はソフトな風が心地よい7枚羽根の扇風機。従来のACモーターをDCモーターにかえることで、より滑らかな風を作り出し、消費電力を半分以下に低減しました。

第72回  東芝「SIENT F-DLN100」

今年4月頃から本格的に扇風機を探しはじめましたが、震災の影響で発売日や入荷が遅れ、どの店も品薄状態。さらに、節電対策で扇風機需要が高まり、更なる品薄状態。妥協をすれば選択肢はありましたが、10年はお付き合いしたいので、予約から1ヶ月待ちの東芝の「SIENT」を選びました。しかし、扇風機で1ヶ月後待ちって。。。扇風機にしては高額なのにやたら売れているようですね。
箱から出すと写真のような部品が入っていました。組み立ては、説明書を読まずともできる簡単さですが、女性は大変かも。本体が重いので台座と接合するのに、手こずりました。

第72回  東芝「SIENT F-DLN100」

組み立て完成!!
電源を入れます。ここでやや不満点。東芝の上位機種には、掃除機のように本体にコードが収まる「コードリール機能」がありますが、この機種にはついていません。しかも、コンセントはACアダプタータイプ。ちょっと邪魔くさいですね。ただ、パソコンのように本体からコードを抜くことができるので、移動する時にはアダプターごと運ぶよりも楽だと思いました。ちなみにコードの長さは、約1.7mです。

第72回  東芝「SIENT F-DLN100」

では、スイッチオン。さすが7枚羽。以前使用していた扇風機よりも風がやわらかく、なめらかです。風量は選べる7段階。1〜3は、音がかなり静かで、風の肌への当たり方もやさしいです。2m離れた場所にいると扇風機の存在を忘れてしまうほどでした。音は、風力が大きくなるとややうるさいですが、眠りを妨げるほどではありません。
リモコンは、本体正面から5m以内で、左右に30度の計60度の内側で作動すると説明書に書いてあります。が、電池を入れたてだからかもしれませんが、本体から6m離れた真後ろから操作しても作動しました。リモコンのデザインは、本体との一体感はなく少々ダサイです。

第72回  東芝「SIENT F-DLN100」

デザインされた操作部。ズバリ、ヒヨコの心を射止めた購入ポイントです。情報はLEDライトの文字が教えてくれ、無駄な日本語が書かれておらず、実にシンプル。風量は、オーディオの音量のようにつまみをくるりと回すのですが、これがまた素敵!!いやあ、うっとり。
しかし、1週間も使うと困ったことが。。。埃がものすごく目立つ。黒色だから覚悟はしていましたが、頻繁に掃除しないといけません。また、夜眠る時に暗闇でこのライトが眩しすぎる。苦肉の策で、ライトにハンカチをかけて眠りました。
※その後、説明書をよく読むと『ライトは消せる』ということがわかりました。同じようにお困りの方は右から2番目の「切りタイマー」のボタンを3秒以上長押しして下さいね。

第72回  東芝「SIENT F-DLN100」

この扇風機、横振りは90度、70度、50度と選べますが、縦振りは20度までです。手動で20度上向きにしても上は斜め40度までしか振れません。サーキュレーター機能を希望の方は、素直にサーキュレーターを購入した方が良いと思います。
持ち運びは、本体後ろにハンドルがあるので、ここを持ち上げ運びます。ただ、この扇風機、他の物より重い!!転倒防止のためと書いてありましたが、それでも重い。一般的な扇風機が4kg〜5kgなのに、「SIENT」は約6.5kgあります。さらに、ハンドルが収納できるタイプなので、安定感がなく持ちにくい。扇風機を頻繁に移動させる人と腕力に自信のない人は、一度お店で持ち上げてから購入検討した方が良いと思います。

■第72回 東芝「SIENT F-DLN100」
今回の評価は…70
■結果

・操作部はシンプルで使いやすい
・7枚羽根が作り出す風は心地よい
・台座が黒いため、ほこりが目立つ
・重い。女性は移動が大変かも
・東芝の上位モデルに付いている「コードリール機能」がない
・比較的高額だが、日本製ではない

■総評

この扇風機、良い点はシンプルな操作部だと思います。デジタル機器に慣れ親しんだ世代には、扇風機に説明の文字は必要ないですからね。スッキリしていてとても見やすいとヒヨコは感じました。また、同じく良い点は、微風の心地よさ。弱で使用すると、体への当りが本当にやさしい。音も静かなので自然の風かと勘違いするほど。さすがに7枚羽根は違いますね。
しかし、首振りには不満が。以前使用していたナショナル君は、縦振りの角度がもう少し強く、首の回転もできたので、少し物足りなく感じました。2つ目の不満点は、重さ。腕力のない女子や老人、子供は移動させるのに苦労するかも。掃除機をかける際に少し移動させるだけで、ヒヨコは疲れました。
省エネに関しては、実際に数字で見ることができないのでわかりませんが、カタログによると最小で3W、最大で20W。他の扇風機よりは低いと思います。節電のこの夏、安心して使えそうでいいですね。
デザインについては、『ものすごくオシャレか?』と聞かれたら、『ぼちぼちカッコいいが、ダイソンの「エアマルチプライアー」の方がおしゃれだと思う』と答えます。しかし、機能面も合わせて見ると、東芝の「SIENT」が、今販売している扇風機の中で一番自分に適していると思いました。少なくとも10年、元気に働いて欲しいですね。
最後に、この商品は扇風機の中では高額だと思います。だからこそ、この価格ならば日本製であって欲しかったなあ。

私も買いたい!!と思った方、「SIENT」は、大人気のためあらゆるお店で入荷待ちとなっています。欲しい方は早めに予約することをオススメします!!
この扇風機について、もっと詳しく知りたい方は、東芝のホームページをご覧下さい。

買いたいという方はこちらから↓
TOSHIBA リビング扇風機 SIENT DC ホワイト F-DLN100(W)

Backnumber