第52回プジョー「電動ペッパーミル」

第52回プジョー「電動ペッパーミル」
今月のチャレンジャー
ヒヨコ

どんな料理にもコショウをふりふり。胡椒を愛してやまない『コショラー』のヒヨコです。が、最近愛用のウサギちゃんペッパーミルが使い過ぎでお払い箱となってしまいました。中継ぎで用意した安物は役に立たず。どこぞによく削れるペッパーミルはありませんかねえ。キッチン用品売り場を彷徨う日々でございます。

160年以上の歴史を持つプジョー社のミル。刃の耐久性や切れ味の良さなど、その品質は世界中で高く評価され、プロのシェフにも多く愛用されています。スタイリッシュなデザインの「ゼスト」シリーズは、電動式のペッパーミル。上部のボタンを押すだけで、片手で挽きたての味を楽しむことができます。

第52回プジョー「電動ペッパーミル」

我が家の可愛いウサギちゃんペッパーミル。1年間酷使したところ、遂に削れなくなってしまいました。これは困った。ということで、スーパーの調味料売り場で購入した『胡椒付きミル』を急遽使用することに。が、中味を使いきり、買ってきた胡椒を入れて使ってみると全く削れない。胡椒の粒は同じ位のサイズなのに。う〜ん。どうやら、削る部分がプラスチックのため、摩耗してイカレテしまったようです。『コショラー』としては、もう少し立派なペッパーミルを購入するべきですね。

第52回プジョー「電動ペッパーミル」

デパートやネットでいろいろと物色した結果、プジョーの電動ミル「ゼスト」の風貌がヒヨコのハートにグッときました。値段は、おふらんす製ということで国内メーカーの電動ミルに比べやや高い。でも、きっと良い働きをしてくれるでしょう。
ところで、プジョーは車のメーカーだと思っていたら、なんとペッパーミルを販売して160年以上も経つそうな。車の生産よりもペッパーミルやコーヒーミルの方が歴史が古かったのですねえ。

第52回プジョー「電動ペッパーミル」

電池は単4を4本使用します。バラバラに解体しないと電池を入れられないので、機械に弱いヒヨコは一瞬悩みましたが、なんとか無事にセッティングできました。重さはコショウを詰めた状態で340g。高さは17cmほど。今まで使用していた物に比べ、コショウを入れる分量は変わらないのに、電動部分が大きく重いです。
※電池は付属されていますが、コショウは付いていません。

第52回プジョー「電動ペッパーミル」

では、使ってみましょう。上のボタン部分を押すと『ウィーン』と音をたて、快調にコショウが削れます。今までは、加熱調理をしている時に使うと湯気で湿気って出ないことがあったのですが、このマシーンに関してはそのストレスは全くないようです。また、この子の優れた点は、片手だけで作業ができること。左手で持ちながらボタンが押せるので、右手が自由になり、混ぜたり、鍋のふたを持つことができ、とても便利です。

第52回プジョー「電動ペッパーミル」

本体をひっくり返して見てみましょう。プジョーのライオンマークが輝いています。コショウを挽く部分は長く愛用できそうな頑丈な金属製。コショウの挽き具合は、裏のダイヤル部分を回すことで、細かく挽いたり、粗く挽くことができます。
いいですね、この電動ミル。ソフトラバー製のボディが滑りにくくとても気に入りました。しかし、使い続けるうちに難点が1つ。裏のオレンジの壁部分にコショウのカスが溜まりやすい。その結果、コイツを置く度にテーブルがコショウまみれになります(涙)。どうせならお揃いの受け皿をセットして欲しかった。

■第52回プジョー「電動ペッパーミル」
今回の評価は…88
■結果

・片手で簡単に挽くことができて良い
・ソフトラバーのボディが手に馴染み滑りにくい
・見た目がオシャレ
・リング部分が持ち上げやすくて便利
・受け皿がないので、削りカスでテーブルが汚れる

■総評

見た目がグッときたという理由で買ってしまいましたが、とても良い買い物ができたと満足しております。ウサギちゃんミルも愛らしくて好きだったのですが、挽く度に握力を使うので、やや面倒な時がありました。が、コイツは、ボタン1つでコショウが挽ける。本当に便利です。ハンバーグを作った時も右手が肉まみれでも、キレイな左手でコショウが挽けたので、便利さに感動しました。国内メーカーの同じような機能のミルに比べ価格は高めですが、デザインのオシャレ度や持ちやすさを考えれば納得のお値段だと思います。
ただ、残念なのは受け皿がないこと。下がオープンになっているので、コショウカスでテーブルが汚れます。今は小さなお皿の上に置いて保管していますが、オシャレなデザインだけにそのミスマッチさが非常に残念。専用の受け皿が欲しいです。手動タイプの木目調受け皿は販売しているので、プジョー社はこの『カス問題』に気づいている筈。専用受け皿の販売、切望しまっす!!
↓↓購入してみたいと思った方はこちらからどうぞ

プジョー 電動ペッパーミル

Backnumber