第50回チンしてチップス

第50回チンしてチップス
今月のチャレンジャー
ヒヨコ

暑さも夜になると随分和らぎ、過ごしやすくなりましたね。この季節、夜のベランダで飲むビールは格別です。つまみは、枝豆とポテトチップス。いやあ、幸せです。でも、そんな日々を送っていたら、下腹がぽっこり!!ガァーーーン。明日からはポテチなしで、カロリーオフのビールかなあ。。。

油を使わずに、家庭でいろいろなチップスを作ることができる「チンしてチップス」。手順は、付属のスライサーで野菜をスライスして、電子レンジでチンするだけという手軽さです。ノンオイルのチップスを作ることができるから、ダイエット中の人にも最適です。

第50回チンしてチップス

カロリーオフのビールは、口に合わないので断念。また、つまみにポテチがないのも寂しい。。。
意気消沈していた所、Amazonで良い物を発見!!その名は「チンしてチップス」。電子レンジで手軽に、オイルフリーポテチが作れる器具です。
カ○ビーのポテトチップスから、自家製低カロリーチップスに切り替えて、毎晩マッサージすれば、少しは下腹ポッコリましになるかしらん。

第50回チンしてチップス

では、洗ったジャガイモをスライスします。下のボウルには滑り止めが付いており、スライサーとボールが固定できるようになっています。小さなポイントですが、これは作業しやすいですね。刃の切れ味はバッチリ。シャカシャカと軽快にカットできます。
が、、、調子に乗っていたら、親指の皮をスライスしてしまいました。また、野菜が薄くなった時に野菜ホルダーを使うのですが、薄くする限度がわからず、ホルダーもカットしてしまいました。
プラッスチックもカットするとは、恐ろしい切れ味ですね。ちょっと使うのが恐くなりました。

第50回チンしてチップス

スライスしたジャガイモは、写真のように並べます。大きいのはなかなか立ちにくいので、半分に切りましょう。説明書によると切れ端の小さい野菜は、焦げやすいから使用しないように書いてあります。ちょっと、もったいないですね。
写真の量で、ジャガイモ1個分、100gです(※1)。1回に立てられる量は、中サイズ1個分というとこでしょうか。
※1:白い容器の重さは引いてあります

第50回チンしてチップス

では、電子レンジに入れます。
説明書通り、電子レンジ600Wで7分加熱してみました。イマイチ微妙だったので、さらに2分加熱。う〜ん、まだフニャフニャなので、さらに1分追加。やっと水分がなくなりパリパリになりました。しかし、食べて見ると『マズい!』。湿気った味のないポテチです。塩とコショウを振ってもマズい。
電子レンジで加熱しすぎると本体が溶けるらしいので、これ以上『チン』する気にはならず。うーん、困った。

第50回チンしてチップス

色々考えて、電子レンジとオーブンのW使用をすることに。まず7分電子レンジでチンした後、チップスをオーブンに並べて8分加熱。ようやくパリパリのチップスになりました。
味付けは、チンする前に、一度塩水につけたので、今回は良い塩梅です。市販品のように美味しくはありませんが、体に良さそうな堅焼きポテチが完成しました。

■第50回チンしてチップス
今回の評価は…65点
■結果

・刃は、指&プラスチックを切断する程の切れ味
・専用スライサーは、固定できて使いやすい
・電子レンジの加熱時間が難しい
・味付けが難しい
・安いので試しに買ってみても良いかも

■総評

説明書通りの電子レンジの加熱時間では、なかなか上手くいかず試行錯誤しました。しかし、作るごとに、電子レンジの性能や芋の味付け方がわかってくるので、理科の実験のようで楽しかったです。
ポテチは、市販品のように激ウマではありませんが、堅焼きで芋の味がしっかりする一品が出来上がります。味付けは、チンする前に下味を付けた方がベスト。また、ダイエットを気にしない人は、ケチャップやマヨネーズを付けて食べても美味しいですよ。1度に出来るチップスの枚数は、少ないように感じますが、グラム的には、市販の1袋の重量分を作ることができます。チップス自体に厚みがあるので、食べごたえは十分です。
スライサーの刃は、本当によく切れます。また、下のボウルがしっかり固定できるので、タマネギやキュウリをスライスする時にも重宝しました。ただ、口を酸っぱくして言いますが、刃は、恐ろしい程切れ味バツグンです。親指を数ミリカットした時、今後この器具を使うことを躊躇しました。大人でもこのありさまなので、お子様が使用される場合は、絶対に気をつけて下さいね。
「チンしてチップス」、使いこなすまでに練習が必要ですが、お値段も安いし気に入りました。ただ、我が家では、オーブン併用のため、点数はちょっと低めに点けておきます。今回、芋のチップスはマスターしたので、次回はカボチャチップスに挑戦したいと思いまっす!!

購入してみたいと思った方はこちらからどうぞ

Backnumber