第22回 「パンくらぶ」自動ホームベーカリー

第22回 「パンくらぶ」自動ホームベーカリー
今月のチャレンジャー
ヒヨコ

以前、近所(徒歩数分)においしい食パンを売るパン屋さんがありました。が、数年前に閉店。それ以来、食パンジプシーであります。遠くに行けば、おいしいパン屋もあるんだけどね。あ〜、毎朝おいしいパンが食べたいっす!!

自宅で本格的な焼きたてパンを楽しめるホームベーカリー。操作は超簡単。必要な材料を入れてスイッチを押すだけで、「こねる」、「発酵する」、「焼く」の全工程を自動で行ってくれます。タイマー機能を使えば、朝、アツアツの焼きたてパンを食べられます。

第22回 「パンくらぶ」自動ホームベーカリー

初心者なので、まずは説明書の代表作「もちもち食パン(キメが細かく歯ごたえしっかりタイプ)」を作ってみます。必要な材料は、水、強力粉、砂糖、スキムミルク、塩、バター、ドライイースト。スキムミルクとドライイーストは、スーパーで各300円弱で売っています。
ちなみに余談ですが、今回購入したマシンは、Amazonで63%OFFという驚異の値引率で売っていました。しかも、アマゾンポイントを考えれば、実質10,000円。近所の家電ショップ「エイ○ン」や「ヤマ○電機」よりも格安でした。

第22回 「パンくらぶ」自動ホームベーカリー

材料が揃ったら、分量を計ってパンケースに投入します。入れる順番は最初が水で、最後がドライイースト。これは、ドライイーストが水にふれるとうまく膨らまないことがあるからです。
では、スイッチオン!!

第22回 「パンくらぶ」自動ホームベーカリー

操作ボタンは大きく、複雑な操作も必要ないので、年配の人でも簡単に使用できると思います。焼き色は、「ふつう」と「うすめ」から選択可能。今回は、「ふつうモード」でドライイーストを使いましたが、天然酵母でもOKです。

第22回 「パンくらぶ」自動ホームベーカリー

スイッチを入れたらすることはありません。音楽が鳴るまでひたすら待つだけ。。。
この時に、覗き窓があるので中の様子を見ることができます。これはうれしい機能。気になってちょくちょく中を見てしまいます。発酵してどんどん膨らむ様子は、かわいい我が子の成長を見るようです。

第22回 「パンくらぶ」自動ホームベーカリー

待つこと3時間半。遂に完成!!説明書通りに実行すれば、初めてでもこんなに上手にできました。町のパン屋さんに負けず、モチモチでおいしい。しかもアツアツ。最高です。今回、写真は載せていませんが、この他にもいろんなパンを作ってみました。どれも分量はやや適当でしたが、大成功でしたよ。

・水の代わりに「豆乳抹茶ミルク」を使用した抹茶ミルク食パン
・砂糖の代わりに「ハチミツ」を使用したハチミツくるみ食パン

■第22回 「パンくらぶ」自動ホームベーカリー
今回の評価は…80
■結果

・手軽に運べると書いてあるが、意外と重い。(5.6kg)
・中を確認できる窓があるので、工程が確認できて楽しい。
・焼き上がり後、なるべく早く取り出さないとパンの側面が大きくへこむので、焼き上がり時に外出できない。また、タイマーをかけた朝は寝坊ができない。
・時間が想像以上にかかった。(3時間半)
・簡単においしいパンが焼けた。
・洗い物が少なく、掃除が簡単なので『次回も作ろう』という気持ちになる。

■総評

以前からホームペ−カリーを購入したいと思っていましたが、『簡単そうに見えて面倒なんじゃないか』という理由で二の足を踏んでいました。でも、買ってみて大正解。『炊飯器でご飯を炊くように簡単!』とまでは言いませんが、『炊き込みご飯を作るよりは簡単』です。5回ほどパンを作ってみて気になったのは、「もちもちコース」、「ふんわりコース」、「ソフトコース」、どのコースで焼いても外側の耳が少し固いような。今後、もう少し研究しようと思います。

Backnumber