オリジナル梅酒を造ろう!
(2)ボスとキューンが語る夢の梅酒

ume_image00001.jpg



始まりは2007年夏のある日、S氏(ボス)とQ(キューン) の居酒屋さんでの会話です。


キューン(以下Q) ビール飲み過ぎてお腹タプタプ、次は違うものを飲もうかなぁ。

            何かお勧めはあります?

ボス(以下S) 僕なら梅酒ロックかなぁ?

Q:うーん…、梅酒って女性っぽくないですか? 甘いし、軽いし。

S: 確かにイメージはそうなんだけど、梅酒も昔と違っていろんな拘(こだわ)りを持ったものが
  多く作られているんだよ。

Q:どんな拘りがあるんです?

S: 梅の種類、何をベースで漬けるか、何で甘さを付けるか、漬け方から貯蔵まで…。
  それぞれの蔵元が特徴を出すために、試行錯誤してるんだよ。

Q:でも…。大人のおじさんである僕が「梅酒」っていうのもねぇ・・・。

S: そこまで言うなら、いろいろ試してみようよ!
  硬派!? なオッサンにもしっくりくるものが見つかるはずだよ。



そこで、SとQは、いろいろな梅酒を、いろいろなお店で、た〜〜くさん飲んでみました




Q:梅酒にこんなに種類があるとは正直ビックリ。梅酒のイメージ変わりました。

S:でしょ。気に入った梅酒はあった?

Q:そこなんですよねぇー。
  それぞれ特徴があってそれなりに美味しいんですけど、やっぱり女性っぽいんですよね。
  僕はシングルモルトか癖の強いガツンっとくる焼酎でいいですよ。

S:そうか…。でも、ここまできたらQが好きな梅酒見つけようよ!
  お店では置いてないものも、世の中にはたくさんあるから。
Q:・・・お酒のプロに、火を点けちゃったみたい…。でも、ちょっと愉しみ。



そして後日、あるバーに集合して、さまざまな梅酒を持ち込み大試飲会が開かれたのです。



S:甘すぎず、長期熟成でコクがあって、アルコール度数もやや高め、というキーワードで探してみたよ。

Q:そんな都合のいい梅酒があるんですか?

S:とりあえず飲んでみようよ。

『本格梅酒』『長期熟成』『大人が愉しむ…』と銘打たれる様々な梅酒を飲むふたり。。。

S:うーん…。ここまでくると希少価値とか手間がかかっていて、ちょっと値段は高いね。

Q:薬草とかローヤルゼリーとか入ってて漢方みたいですね。
  格好良く飲むにはちょっとギャップがありますよね…。

S:確かに。健康食品みたいだね。

Q:うーん………。

S:こうなったら、知り合いの蔵元にも聞いてみるよ。


 続く>>