2012年2月過去の記事一覧

こんにちは あおリンゴです。

「もう、春だよね 春ってことでいいよね」

2月後半にして、自分に言い聞かせているのですが
まだまだ寒いじゃないかー!
東京で大雪ってどういうことだよー!
明日から3月なのにー!

春が待ち遠しい方も、冬が名残惜しい方もランキングのご協力ください
↓↓

banner_02.gif

ありがとうございます。

気温は低いといえども、スーパーの野菜コーナーに春を感じたりします。
「菜の花」とか(食べたことないけど)
「ふきのとう」とか(これも食べたことない)
「そら豆」とか(これは冷凍しか買ったことない)
まあ、購入するのはいわゆる「新」がついた
キャベツ・タマネギ・ジャガイモといった定番達なんですが...

なんだか、最近思うのですよー
「ちょっとしか欲しくないのに、安くない野菜」について。
生姜とか、ニンニクとか、大葉とか。
ああいう類は買っても使い切れないことが多いので、
「もう、いっそのこと育てちゃう?」と安易に思ったりするのですよ。

そして、ホームセンターの野菜の種コーナーを吟味しては、
「ふーん」と感想を述べ、買わずに帰る日々。
今のところ「これだったら育てたいなBEST3」はこれ。

3位:プチトマト(なんか現実的な気がする)
2位:バジル(食べられなくても芳香剤になりそう)
 

1位は、ダントツで「青ネギ」!!

単純にネギが好きなんです。
美味しいし、優秀だし、あって困らないし。

とはいえ、ネギだらけの庭ってどうなの?という疑問もあり。
ネギ臭のする庭で良いのだろうか、
そもそも、簡単に育てられるのだろうか....
悩みどころです。

今はインスタントの味噌汁ばっかりですが、
そのうち自作ネギを使って味噌汁を作ってやろう!
その時は、ネギ汁にしてやろう!と妄想中。

そういえば、昨日の味噌汁の麩がハート型になってました。

20120229.jpg

お次は、最近お庭にチューリップを植えたらしいkem×2へ。

はいガリです。
なんかちょっとあったかくなってきた感がありますね。
これからまた花粉的なアレな季節が始まるわけで、
世の中幸も不幸もいろいろありますね。

ほんじゃランキングにご協力下さい↓
banner_02.gif

ありがとうございます~。
 

性懲りもなく将棋の話を。
みなさんが将棋で一番最初にイメージするのって
NHKで日曜の朝から「じゅうびょお~」とか
言ってやってる姿を想像しませんか。しますよね。
0a843bf2.jpg
これ、ちなみにNHK杯将棋トーナメント って言うんです。
プロの棋戦には羽生が七冠王になった、その七冠以外にも
一般棋戦というのがあるんですが(七タイトルよりも格下)
その一つがこのNHK杯です。

昔からタイトル戦はテレビ中継などが少なく(時間の関係で)
一般人にはテレビに出てない=NHK杯に出てない=勝ってない=引退したの?
みたいな認識があったそうで、今でも多少その名残があります。

この棋戦、非常に時間が短いテレビ用の棋戦として有名で、
10分切れ負け(10分の考慮時間を使い切ったら全て30秒以内に着手)。
実際やってみると分かりますがめっちゃ短いんですよね10分て。

で、このトーナメント、1年を通して行われるんです。
毎週一回の組み合わせで勝った方がトーナメントを進んでいく、という。

そしてNHK杯は防衛戦がないんです。
つまり毎回甲子園みたいなオープンシステムなんですね。
だから連覇はもちろん複数回勝つのは非常に難しいんです。
50名のトーナメントを全勝しないといけないわけですから。

通算10回の優勝で名誉NHK杯という称号が手に入ります。
年一度の50名のトーナメントを10回優勝とかどう考えても無理ゲーです。
将棋の歴史上誰も獲得していない称号だったんですが・・・

2010年度に優勝してついにこの10回にリーチをかけた人がいます。
img_506526_56936248_0.jpg
羽生善治二冠です。 

しかも08,09,10と三連覇中。
優勝するにはシードでも5連勝が必要なので
最低でも15連勝が必要なわけで、もう何なのこの人。
今年も期待を裏切らず準決勝まで駒を進めてます。

そしてその四連覇と名誉NHK杯をかけて
そろそろ準決勝、決勝が行われます。

今週末は 渡辺明竜王・王座VS久保利明棋王・王将
どっちも棋界最高峰、恐らく二人とも人生で一番強い時期のゴールデンカードです。

来週が 羽生善治棋聖・王位VS畠山鎮七段 
今季好調の畠山と年末から負けなしの12連勝中の羽生です。

で、決勝ですが順当に行けば羽生-渡辺になるんじゃないかなあと。
短期決戦は羽生の独壇場だったんですがついに天敵渡辺が捉えるか、
という感じになるんじゃないかなーと。久保さんはここのところ少し不調と
タイトル戦と順位戦がまるっと重なっていますからね。厳しいのではと。

それでは日曜朝10:15からですよ!注目注目!

ではお次、将棋に全く興味を示してくれないあおリンゴさんどうぞ!

初節句

| | コメント(0) | トラックバック(0)

こんにちは、クランキーです。

この前、イオンで初めてSUBWAYのサンドイッチ食べました。
正直、サンドイッチをナメてました。
見た目以上にボリュームたっぷりで美味しかったです。
もっと早く食べておけばよかったなと後悔しつつ、
サンドイッチ派の方もハンバーガー派の方も、まずはランキングへご協力をお願いします。
  ↓   ↓   
banner_02.gif

ありがとうございます。
 

そんなわけで、本日は娘のための雛人形が届いちゃったのでご紹介しますよ。



まずはこちら

ある程度パーツが出来上がった状態で届くのかなと思いきや、家に届いた時点では、バラバラの状態です。

IMG_0416.jpg

お内裏様とおひな様。この人形が高いらしく保護も厳重ですね(笑)

IMG_0417.jpg

3人官女さん達。

IMG_0425.jpg


で、段を組立て、人形を並べるとこんな感じに。


IMG_0444.jpg

あっぷだとこんな感じ。

IMG_0440.jpg


我が家がちょっと賑やかくなりましたとさ。

それでは、お次はガリにバトンタッチですよ。


 

見たもの日記2012

| | コメント(0) | トラックバック(0)

今年も残すところ11ヶ月。早いもんですね。

移りゆく季節を感じながら、今日はややまじめに最近みたもの振り返りコーナー。

んー、なかなか粒ぞろいでしたよ。

 

ほんでもってクリッククリック!

banner_02.gif

ありがとうございます◎

 

 

それでは今回お送りするのは僕の趣向が知れる、若干オタク寄りなこの3つ! 

 

 

【ダークナイト】

地デジ化ギリギリにアナログから世界の亀山(もらいもの)に移行したわたくしkemkemですが、

最近その世界の亀山(もらいもの)にパソコンを繋ぐなんてことをしまして、ちょっとネットから映画落としてそのまんま観たりしちゃう〜〜??的なナウい事をしてみました。

んでそん時にiTunesからDLして観たんが「ダークナイト」。

悪役の俳優さんが公開前に亡くなったり、ネットでファンが論争したりな言わずもがなの有名作品なんですが未見でして。

しかしまーこれがおもしろい事!!

10数年前にシリーズで公開してたティム・バートン監督のバットマンも結構好きだったんだけど、こりゃすごいね。

自己中な“ヒーロー”の存在意義とか、そこから派生して世界の警察気取りなアメリカ自身の事とか、随所で問いかけてます。

全編通してほとんどBGMがないんだけど、音楽が説明を助けてくれないぶん頭使って観てて、集中させられ方がハンパない。

中盤以降のしんどい展開にうげえとなるものの、その必然性に最後は考えさせられます。や〜、ヒーローなんてなるもんじゃないね。。いや制作マンも、どんな仕事でも一緒かー。

今年夏に公開予定の続編(3部作の最終章)楽しみ。

 

 

【ベルセルク 黄金時代篇I 覇王の卵】

漫画原作のアニメ映画なんだけど、まー!これもよかった!

内容的には戦争のシーンばっかしでグリングリン動く最新のアニメのすごさがまず前面に出されてんだけど、

原作のテーマがいい感じに凝縮されていて今後の展開にも期待大。

ちなみに原作は結構救いのない設定で、主人公はきっつい人生を歩んでます。まだ完結してないからこれから救われるのかも不明。

あと重要キャラが口にする「夢に捨てられてくすぶり続ける人生もまた男の憧れ」みたいな台詞とも相まって、

ハッピーエンドが満足の結末とは限らない、というなんともサムライな思想が日常を生きる読者や観客をズブリとえぐってくれます。

原作は成長の過程や旅の子細が描かれていて結構な奥行きと読み応えがあるんだけど、映画はそういうのを一部割愛して(具体的な年齢が曖昧になっていたり)作品に一貫したテーマ性をもたせる事に集中してる。

何にせよアニメならではの想像力をかき立てられる内容にこれまた続編が楽しみ。あ、これも今夏か。夏やばいわ〜

 

 

【劇団鹿殺し「青春漂流記」】

新宿の紀伊国屋ホールで上演された演劇作品。

下北沢の本多劇場と並んで、新進の若手劇団にとっては登竜門となる紀伊国屋ホール。実際お金積んでもやらせてもらえる劇場じゃないし、覚悟のいる公演になる事必至。よくぞ、と感慨深かったっす。

内容は、神戸三宮元町から生まれ一斉を風靡したチャイドルグループ(ジャクソン5風)の現在と過去をつなぎ、過ぎ去った青春からもう一度希望に満ちた人生をすくいあげる、っつー人間讃歌。

この劇団が発し続けてるメッセージを一番シンプルに作品に仕立てた感じ。

演劇なんてやってると、華やかなステージでの感覚と、親孝行とか社会貢献とか全くできていないクズな自分とのあいだで時々ウギャーとなる。それでもそういうのを全部飲み込んで明日も頑張ろう。という泥臭くて実直なメッセージが込められておりますた。

ただちょっと劇場が狭かったな〜 歴史と権威のある劇場だけどいかんせん古い。迫力のある演出なのに、窮屈に感じた。

このまま頑張って、いつか青山劇場とか国立とかドデカイとこで見せてくれよー! つか愛知に来い愛知に。

 

 

うむ、なかなかインプットできたここ半月でした!

 

 

そんな訳でお次はクランキーさんよろしくですー

 

 

【バレンタインキター(゚∀゚)!

IMG_0849.jpg

とんがったチョコがお口の中でトロ〜リ。。

全く、とんだツンデレだぜ!!

こんにちは。

たいへんです。 た  い  へ  ん!

ブログが更新されていなたっか凹。

すみませんが、 

本日もコチラからよろしくお願いします。

 ↓ ↓

banner_02.gif

ありがとうございます。(^0^)

節分も終わり、2月に突入。

2月といえば、男子が心待ち?にしているバレンタインデーですね。

最近では友チョコとか当たり前になっているようで

女子もチョコレートをもらったりしますから

世の中的に、みんなでチョコを食べよーってイベントなんでしょっ きっと。

しかしながら、この日の財布のヒモはゆる~くなる女子も多いのではないでしょうか。

私も、バレンタインに必ずチェックするのは

世界で愛されるプレミアムブランド 「GODIVA」!!

このシーズンには通常取り扱いのない百貨店にも特設会場が設けられるので

通販しなくても購入可能。

気になる季節限定もあります。

121015s.jpgassortiment_cate04.jpg
 

左:ゴディバ モンダムール キープセイクハー ト
2012の刻印のハートケースに、バレンタイン限定のハートムースと、ハートの定番チョコレートだけを詰め合わせ

右:ゴディバ モンダムール ハートボックス
バレンタイン限定チョコレートのモンダムールと定番のチョコレートの詰め合わせ





assortiment_cate05.jpg121017s.jpg

左:ゴディバ モンダムール リカートリュフアソートメント
贅沢で洗練された、大人の気分を伝えるアソートメント。ウィスキーがたっぷり入ったウィスキートリュフと、ほのかにリカーフレーバーが香るトリュフを詰め合わせた大人のバレンタインコレクション

右:ゴディバ ジェムズ ストロベリートリュフ ミルク&ダーク
期間限定粒のストロベリートリュフをストロベリーに見立てたラッピングで、とても可愛らしい遊び心いっぱいのジェムズ


あー想像しただけで、あのフワっととろける食感が恋しくなるゥゥゥーーー

お値段はちょっとお高めですが、バレンタインですから!?

さて

お次は今月結婚式を控えた新郎、ケムケムへ。

ではー


 

Store

PR

QSBブログパーツ

2014年7月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

月別 アーカイブ