映画の情報一覧

『死刑台のエレベーター』×テレビ東京企画、特別番組の放送が決定!

(C)2010「死刑台のエレベーター」製作委員会

Comment

あの人を殺して、わたしを奪いなさい。愛のための完全犯罪。それは15分で終わるはずだっ た。
日本映画界最高の美男美女、吉瀬美智子と阿部寛を主演に迎え贈る、大人のための極上のミステリー『死刑台のエレベーター』×テレビ東京企画、特別番組の放送が決定!
間もなく公開となる『死刑台のエレベーター』の魅力と、その魅力を伝えるために、テレビ東京女性アナウンサーたちが自ら考えた言葉でオリジナルスポット制作に取り組んだ裏側を合わせてご紹介します。公式サイトでは、女性アナウンサーが考えた宣伝コメントやその言葉を選んだポイントなどを公開。今後、完成したTVスポットも追加予定です。
『死刑台のエレベーター』公式サイト http://www.shikeidai.jp/
【映画「死刑台のエレベーター」作品情報】
今最高に旬な主演の2人。吉瀬美智子(「ライアーゲー ム ザ・ファイナルステージ」/「のだめカンタービレ 最終章」)と阿部寛(「劇場版TRICK 」シリーズ/「ジェネラル・ルージュの凱旋」)。愛の欲望 に運命を狂わせ、もがき、さまよう男女の姿、心理を熱演。さらに若手演技派の玉山鉄二(「ハゲタカ」/「GOE MON」)、そして人気急上昇の北川景子(「花のあと」/「真夏のオリオ ン」)が、もうひとつの殺人事件に手を染めるカップルを鮮烈に演じる。哀感漂う映 像美、クールな音楽、スリリングなストーリー、そして、エキゾチックな 都市の息づかい…。それらがスクリーンの緊張を高め、予期せぬ衝撃の結末へと観客を誘っていく。1957年フランスで誕生したヌーベルバー グの傑作が、今、日本で熟成を迎える。

◆ストーリー◆
「もう離れない。だからやるのよ。終わったら車で来て。私は隣に乗る。そしてずっと一緒。ずっと一緒。」
電話で愛を語り合う男女の会話シーンから始まるオープニング。女は、愛人関係にある男と周到に完全犯罪を企てる。それは、自分の夫を自殺と見せかけて男に殺させること。しかし、その計画は男が巻き 込まれたエレベーターのアクシデントによって、もろくも崩れ去ってしま う。女は、約束の場所に現れなかった男を捜して、夜の街を彷徨う。男は、閉じ込められたエレベーターで、あせり、いらだち、恐れ、 一夜を過ごす。そして、もうひとつの若いカップルによって引き起こされる、さらなる殺人事件。全体に漂う独特の哀感とサスペンスフルな緊張感を引きずりながら、映画は、思わぬ証拠によって、衝撃的なエンディン グへと導かれていく…。

Data

『死刑台のエレベーター』
10月9日(土)全国ロードショー
配給:角川映画
(C)2010「死刑台のエレベーター」製作委員会

ポスタービジュアルがついに解禁!ジェラルド・バトラー主演最新作!「GAMER」

©2009 LAKESHORE ENTERTAINMENT GROUP LLC AND LIONS GATE FILMS INC.All Rights Reserved

Comment

世界が熱狂する【ゲーム】――それは脳を操られた囚人による究極のバトル。
ジェラルド・バトラー主演の最新作『GAMER』の日本版ポスタービジュアルが解禁となり、9月11日(土)から全国の劇場に掲出されてる。
映画は、2034年が舞台。天才クリエイターが開発したオンライン・ゲーム「スレイヤー」では、脳細胞手術を受けた生身の人間がプレイヤーに遠隔操作され、激しい戦闘を繰り広げている。無実の罪で投獄されたケーブル(ジェラルド・バトラー)は「30回勝ち抜けば釈放」という条件にあと1回と迫り、注目を集めていた。プレイヤーはなんと17歳の高校生。だがケーブルは愛する妻と娘に再会するため、【ゲーム】の世界から自分一人の力で抜け出し、最後の戦いに挑んでゆく。
『300』 、『オペラ座の怪人』のジェラルド・バトラーが、「肉体を鍛え直して、爆薬が飛び交うなかマシンガンを撃ちまくった」というだけあり、壮絶な戦闘シーンは見応え十分。命を賭けた者同士が壮絶なバトルを繰り広げ、【ゲーム】の世界から抜け出す姿が強烈な印象を残す。
解禁となったビジュアルでは、【ゲーム】の世界に囚われたジェラルドが、あたかも【ゲーム】の中にいるような設定。ビジュアル内には街中での激しい戦闘も映し出され、まさにサバイバル【ゲーム】から、文字通りクリアできるか、非常に気になるところだ。
「人が生身の他人を操作する」近未来の【ゲーム】世界をリアルに描くため、最新の撮影技術を駆使。一方で戦闘シーンやカーチェイスではCGに頼らず、アクションとテクノロジーを完璧に融合させている。ゲームクリエイター役のマイケル・C・ホール、プレイヤー役のローガン・ラーマンはじめ、個性的な脇役が大挙出演している点も見逃せない。監督は『アドレナリン』シリーズの俊英ネヴェルダイン&テイラー。

Data

GAMER
提供:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
配給:ショウゲート
12月3日(金)より、TOHOシネマズ みゆき座ほか全国ロードショー!

映画「運命のボタン」絶賛公開中!

©2009 MRC II DISTRIBUTION COMPANY, LP. ALL RIGHTS RESERVED

Comment

そのボタンを押せば1億円手に入るが、見知らぬ誰かが死ぬ―
さぁ、押しますか? 押しませんか?
究極の選択があなたを襲う、衝撃のサスペンス!!

<STORY>
ある日の明け方、ノーマ(キャメロン・ディアス)とアーサー(ジェームズ・マースデン)夫妻のもとに箱が届く。箱の中には赤いボタン付きの装置が入っていた。その日の夕方、スチュワート(フランク・ランジェラ)と名乗る謎の人物がノーマを訪ね、驚くべき提案を持ちかける。「このボタンを押せば、あなたは約1億円を受け取る。ただしこの世界のどこかで、あなたの知らない誰かが死ぬ。提案を受けるかどうか、期限は24時間。他言した場合取引は無効」。ふたりは道徳的ジレンマに迷うが、目の前に1億円を見せられ生活が苦しいこともあり、結局ボタンを押してしまう。果たして、ふたりの運命の行方は!? 1億円か死か、究極のゲームがいま幕を開ける!

5月8日(土)より、TOHOシネマズ みゆき座ほか全国にて絶賛公開中です!!

Data

「運命のボタン」
出演:キャメロン・ディアス、ジェームズ・マースデン、フランク・ランジェラ
監督:リチャード・ケリー 原作:リチャード・マシスン『運命のボタン』ハヤカワ文庫刊 
音楽:アーケイド・ファイア
2009年/アメリカ/英語/カラー/スコープサイズ/1時間55分/原題:THE BOX
提供:博報堂DYメディアパートナーズ、ショウゲート/協力:ジェネオン・ユニバーサル・エンターテイメント