1200年の伝統「西尾市 鳥羽の火祭り」

1200年の伝統「西尾市 鳥羽の火祭り」
Comment

西尾市の鳥羽神明社にて毎年行われる「鳥羽の火祭り」が開催されます。

正式には「鳥羽大篝火」と呼ばれ、毎年旧暦1月7日(現在は2月第2日曜日)に行われる火祭りです。その起源は約1200年前とされ、国指定の無形民俗文化財として受け継がれています。

心身を清めた神男達がお互いの火柱となったすずみから「神木」と「十二縄」を早く取り出せるか競い、その年の天候・豊作を占います。
残った竹から箸をつくり、それで食事をすると歯の病気の予防になると伝えられ、持ち帰る事もできます。

Data

【日時】2014年2月9日(日) 15:00~20:30
【場所】愛知県西尾市鳥羽西迫89番地 (鳥羽神明社)
【アクセス】名鉄蒲郡線「三河鳥羽駅」から徒歩10分
【料金】立ち見無料 (有料座席あり)
【駐車場】神社東側「ふるさと公園グランド」開放
【問い合わせ】TEL 0563-65-2169(西尾市観光協会)