作れ! マンガ広告 Vol.1

ある日の編集会議での出来事でした…。

編集長サボテン氏「ヨーシ集まったか」

クランキー「今日は何やるんです?」

くだくらげ「ボク、仕事が残ってるんでさっさと終わらせたいっす」

「よく集まってくれた。今日は君たちに我が社の仕事の内容把握してもらう」

「知ってますよ。ホームページ屋さんでしょ」

「写真特集載せたいなぁ」

・・・・・・・・・・・・・・

ぶわぁッかもぉぉ〜ン!!! いいか? 耳の穴カッポジってよぉ〜く聴けよ!」

「な、」

波平!?

「我々は広告代理店なのだ。クリエイターとして、この西三河を盛り上げるべく、みんなが喜ぶものを作り出していくのが我らの使命であり仕事であるのだ!」

「知ってますって」

「毎回、アツく語ってますもんね」

「そうか、知っているか。ならば話が早い。とりあえずコレを見てくれ」

after02m.gif
















「ただのマンガじゃん」

「何見てるんすか。違いますよ、広告ですよ!」

正解! コレは広告でありやんす」

「で、そのマンガチックな広告がどうかしたんですか?」

「もしかして、これを作るなんて…」

「その通り! 今回は新人である君たちにこのマンガ広告を作るというお題を課す」

え゛〜!?

「今回はクライアントがいるワケではないのでお題は自由だ。ただし、一切手助けはしない。君たちで0から調べ上げて俺を唸らせる広告をつくってくれたまへ!」


こうして、何を間違えたか、広告業界へと足を踏み入れたワタクシクランキーの過酷な挑戦がはじまるのでありました…。


つづけ!!